トレンダーズ株式会社 秋枝未来 〜自分に負けなければなんとかなる〜

Popcorn Girlとは・・・♡

Popcorn編集部イチオシの「なりたい自分」を体現している輝く女性をご紹介!
彼女たちのライフスタイルは必見です!

 
profile_title_02profile_title_01

akieda_profile

大学卒業後、新卒で大手レコード会社に入社。アーティスト・役者・タレントのCMキャスティング営業を担当。キャスティングから撮影、編集など CM・広告に関わる一連の業務に従事する。その後、トレンダーズに転職し会社初の専任広報として広報室を立ち上げる。また、二児の母であり、休日は雑誌でモデル活動を行っている。

profile_title_03

トレンダーズに入社したきっかけを教えてください。

前職の大手レコード会社で 3 年間、とてもよく働いたんですね(笑)。すごく仕事も楽しくて、とても充実していたのですが、体調を崩してしまいました。仕事の量を減らして働いてみたらどうかという提案を上司からはいただいたのですが、仕事が好きなので、セーブして働くことは私にはできないのではないかと思い、辞めることにしました。少しゆっくりしたいなという気持ちもありました。
しかし辞めてすぐに、トレンダーズの当時の代表から「正社員が嫌なら、アルバイトでもパートでもいいから、少し働いてみて、合わなかったら辞めればいいよ」と声を掛けてもらい、気軽な感じでいいのなら少しやってみようかという気持ちで入社しました。

ただ、予期せぬことが起きまして・・・入社 5 日目に妊娠していることが分かったんです!

入社 5 日目はびっくりですね!社内の反応はいかがでしたか?

驚いたと思いますが、祝福ムードで嬉しかったです。
というのも、私がトレンダーズに入る時に出産も考えているということは伝えていたので、入社 5 日目で妊娠が分かっても暖かく受け入れてくれました。

20代〜30代の女性は、結婚したいとか子どもを産みたいとか考えると思うんですね。でも、キャリアアップも転職もしたいと。その全てが良いことだと思いますし、全部やったらいいと思っています。ただ、例えば転職で新しい会社に入る時に、本心は言っておいた方が良いと思うんです。本当は結婚や出産を考えているのに、それを隠して、私は結婚も出産も考えていなくてバリバリ仕事がやりたいですと言って、転職してすぐに妊娠したら、会社は予定と異なり困るでしょうし、自分もそこに居づらくなってしまうと思うんです。入ってすぐに結婚も出産もしたいですと言うことは難しいかもしれませんが、いずれそういうことも考えていると、きちんと気持ちを伝えて受け入れてくれる会社を見つける方が、長い目で見て会社と自分の両者にとっていいですよね。

ライフスタイルの変化と仕事や転職で悩む女性も多いかと思いますが、どのように乗り越えられたのですか?

実は、私自身はキャリア志向で、バリバリ働いてキャリアアップしたいと思っていました。32歳ぐらいで結婚して、35歳ぐらいまでに子どもが欲しいなと思っていましたがそれが前倒しになったという感じです。
実際は 25 歳で結婚して 26 歳の時に第一子が生まれ、 27 歳で第二子が生まれましたが、その時に、「キャリアが・・・」とは思わなかったですね。本当に楽観的なのですが、出産は人生で何度もできることではないので、その時々を楽しめばいいかなと思いました。

モデルの仕事も同じかもしれません。
きっかけは、子どもが可愛くて可愛くて、モデルになれるんじゃないかと思って、『ひよこクラブ』や『赤すぐ』、『Baby-mo』という赤ちゃん雑誌 3 誌に応募したら、全部からお声がけいただいて。子どもの撮影に行くようになって、現場で私も一緒に撮影するうちに「専属ママモデルになりませんか」と声をかけられて、専属ママモデルをやるようになったんです。
ママモデルという経験も何度もできることではなくて、産休や育休中だからこそできたことなのかなと思っています。モデルの仕事をやったことで雑誌関係者とのネットワークや雑誌の現場を知ることができ、もともと広報ではなかったのですが、広報室の立ち上げとして戻ってきて、その経験が役立つことがありました。後々の資産になるからやろうという気持ちはありませんでしたが、子育てやモデルの経験も楽しんでやっていれば、仕事にも生きてくると感じました。

基本的にポジティブな方なのですが、色々やってきて行き着いた考えがあります。「覚悟すれば、自分に負けないで頑張ればなんとかなる」ということ。自分で覚悟を決めて頑張れば、なんとかなるものですよね。

akieda_006

覚悟を決める!かっこいいですね!

子どもが 0 歳と 2 歳の時に復帰しましたが、復職する時に絶対に 1 年は辞めないと決めて、部署の人に宣言したんです。「どんなに辛くても 1 年は辞めないで頑張ろうと思っています」と。1 年というと短いと思うかもしれませんが、きっとこの先は大変なことがたくさんあって、宣言しないと逃げてしまうと思ったので、初日に宣言しました。言っておいてよかったなと今本当に思っています。というのも、復帰後の 1 年間は大変なことや悩むことがたくさんありました。
転職して 5 日で妊娠が分かったので、トレンダーズで働いたのは半年だけ。 2 年間休んで戻ってきているので、事業内容も一緒に働くメンバーも変わっていて、復職前は転職したぐらいの気持ちでした。戻るという感覚とは違っているし、職種も新しい。加えて、子どもは小さいので、“熱が出たからお迎えに来てください”とか、“インフルエンザで一週間休みます”とかそういうこともたくさんあって、もう無理かもと思う時期もありました。でも、 1 年辞めないで頑張りますと宣言したし、言ったんだから頑張ろうと思えて。そんな風に覚悟したら頑張れました。そして何より、周りのメンバーに支えられました。子どもの病気が続き、「また出勤できなくて申し訳ない」という気持ちがとても強くなった時期があったのですが、そういう時もいつも一緒に働く人の言葉に励まされて、仕事を続けることができました。
考えすぎて進めていないという方がいると思うのですが、未来のことはどれだけ考えても分からないと思うんですよね。妊娠や出産、それ以外のことも。だから、あまり考えすぎなくてもいいんじゃないかなと思っています。

望んでいたライフスタイルですか?

32 歳で結婚、35 歳ぐらいまでに出産というプランとは違っていますが、それほど具体的に将来を考えていたわけではないので、今は仕事もプライベートもとても幸せだと思っています。

上司や同僚もとても理解がありますし、主人も働くことに理解があり、家事も育児も協力的です。
上司から言われたとても印象的だった言葉がありまして、私が「今日も息子が発熱したので、申し訳ございませんが在宅勤務します。」とメッセージすると、「私、全く迷惑とかこうむっていないので、「申し訳ございませんが」は今後なしにしましょう!」と。その言葉はすごく嬉しかったですね。だからこそ、結果は出さなきゃというプレッシャーはありますが、本当に恵まれた環境で楽しく仕事をしています。

どのように理想に近づけていますか?

周囲の理解があるから近づいていると思います。
主人も年々、家事や育児に協力的になっているなと感じます。仕事でいないことも多いのですが、いる時にはやろうと心がけているようで、休日は子ども2人を連れて、公園に行ってくれたり、下の子が熱が出たら、上の子を連れてお出かけしてくれたり。
「子どもは 3 歳までに一生分の親孝行をしている」という言葉を聞いたことがあり、それは主人にもよく言っています(笑)。だからこそ一緒に過ごせる時間を夫婦ともに大切にしようと思っています。

akieda_002

仕事も家庭も大変・・・だけどキレイでいるために美容やファッションで気をつけていることはありますか?

子どもに食べさせたいものを自分も食べるようにしています。子どもには体にいいものを食べさせてあげたいので、自分も一緒に食べるようにしています。
仕事に復帰してしばらくは、子どもの風邪をもらってしまい、私自身が酷い風邪を引いてしまうことがよくありました。昼食はさっとすませてしまうことが多かったのですが、体重も減って風邪の治りも悪くて、これは良くないと思い、昼食はきちんと取るようになりました。広報という職種柄、社内でも社外でも交流することは大事なので、とても楽しい時間です。
風邪を引かないためにビタミンCサプリと、母親の勧めで「やずやの香醋」と、以前、腱鞘炎になってしまったことを機にカルシウムサプリは飲み続けています。

化粧品に関しては、美容好きの友人が勧めくれたものを試しています。THREEのクレンジングは洗った後のつっぱり感がなくて良いですね。イプサの カラーパレットも重宝しています。広報をしているとインタビューを受けることもあるのですが、取材の前などは、カラーパレットのハイライトをささっと入れています。それで写真写りが良くなるらしいです!

時間がない中でのテクニックはありますか?

今は子どもが小さくて忙しいから何もできないと思っていたのですが、ある時、きっとずっと忙しいんだと気がついたんです(笑)。子どもが少しずつ大きくなってもそれはそれで忙しいんですよね。だから、今できることはすぐやるようにしています。
自分の時間ができたらマッサージによく行きます。歯のホワイトニングもいつかやりたいなと思い、妊娠・授乳中はできなかったので、昨年はじめました!なかなか続けられていないのですが(笑)。最近だと溶岩ヨガにも挑戦しました。あと、昔から私はアレルギーがあり、子どももアレルギーがあるので、改めてアレルギー検査をしてみたんです。すると、大人になって桃にもアレルギー反応があると分かりました。桃は好きだけど、食べないようにしています(笑)。

理想の女性像を教えてください。

“やりたいことがあって、それに向かっている人”です。周囲には、ここを真似したいという人が多くて、励みになります!

トレンダーズについて

トレンダーズは2000年の設立以来、マーケティング会社として累計1200社を超える幅広い業界の企業様に、リサーチからプロモーションまであらゆる領域におけるマーケティング支援を行っています。
マーケティングとテクノロジーの融合により、常に最新のマーケティングソリューションを開発すると同時に、特定の領域に特化した、バーティカルメディアの開発・運営も行っています。

自社メディア

・ZEKKEI Japan http://zekkeijapan.com/

Anny magazine http://anny.gift/

SOCIAL TREND NEWS http://social-trend.jp/

・おうちごはん https://ouchi-gohan.jp/

LIN(Life-Influencers Network)  http://linstagrammer.jp/ 
など

 

 

TOOT代表取締役社長 枡野恵也 〜 抑圧の象徴であるパンツに革命を 〜株式会社Smarprise 今井江美里 〜仕事もキレイも楽しく!〜の記事も合わせてご覧ください☆

サロン直前予約の Popcorn に登録!
登録して 200 円分のクーポンゲット