バレンタインに向けて!上手なプレゼントの選び方とは?

Popcornアンバサダーのゆきです。

プレンゼントを渡す。学生時代は友達同士であったり、家族だったりが多く、あまり気にすることは無かったかもしれませんが、社会人になり、渡す相手が様々になるとこれでよいのかな・・・と悩む方も多いと思います。

そして、2月は・・・そう! バレンタインデー! プレゼントのセンスが問われる時ですね。
そこで今回はプレゼントの選び方を、「プレゼント選びが上手だよね」と言われることの多い私が、プレゼントの選び方についてご紹介したいと思います♡

まずは一般的なプレゼントの選び方について、次回の記事で実際バレンタインに何がおススメかを書きたいと思いますので、続けて読んでくださるとうれしいです!

 

物をあげることはとても難しい!

学生時代のことを振り返ってみると、友達のお誕生日に文房具を渡すなど、「使うもの」を探していたことが多かったと思います。
同じ学校であれば、お友達があげたペンやノートを使ってくれているのを見ると嬉しいですし、そもそも学生時代はプレゼントにあまり高額なものは買えなかったので、かわいいものを探していました。

さて、社会人になり、昔からのお友達に誕生日プレゼント!かわいい付箋を見つけたので渡したいな、このキャラクター、確かお友達が好きだったし・・・
しかし!自分の勤めている会社では特に使う文房具類があれこれ言われていなくても、お友達が勤めている会社ではキャラクター文具を使うなんて、社会人常識がないと思われてしまうこともあるのです・・・

よく男性に「お疲れさまでした」とかわいい付箋にかいてデスクに置くと女子力高いとおもわれちゃう♡ というような記事も見かけますが、会社によっては女子力以前に、そういう付箋自体使うなんて、「常識力」が無いのでは・・・となってしまう悲しいことも・・・

また、社会人になり、お給料をもらえることになったので、お誕生日には人気のブランド物をプレゼントしようかな、そんな気軽なつもりでも、相手によっては「私はこんなにブランド物を買えるほど余裕があるのよ」とアピールしているように取られてしまうこともあり、実は社会人になってから物をプレゼントすることは、とっても難しいことなのです。

間違いないのは、お菓子?

私がよくプレゼントにするのは「お菓子」です。物は使わないとかさばってしまうのですが、食べ物ならば無くなってしまうので、おすすめです。

そのお菓子も、差し上げる方によっていろいろ選び方があります。

・職場に「旅行に行ってきました」というお土産
この場合はだいたい職場の人数などがわかると思うので、小分けになっていて量がある程度入っているものを選んでいます。間違いない、銘菓が多いですね。
特に配って歩くわけではなく(中にはそのお菓子が苦手という方もいるのです・・・)職場のお茶ができるような所に「〇〇に行ってきました。よろしければ召し上がってください」などと書いて置いています。
無くなっていることがわかったら、箱は邪魔になってしまうので、すぐに回収しましょう。
 

・年配の方が多い場合

何かの集まりで手土産を持っていくこともありますよね。
若い方が多い場合はあまり気にする必要はないと思うのですが、最近デパ地下に行くと本当に様々な新しいお菓子が売っています。
若ければ「珍しい味で美味しいね」で済むものでも、年配の方には本当に口に合わないこともあるので選ぶ際には注意しています。
間違いないものは、昔からあるクッキーなど。箱やデザインも昔のままというものの方が「これ、ずっとあるわよね」「若いころ食べたわ」など、場が和むので無難すぎるほど無難なものが良さそうです。
また、歯が悪くなってしまった方もいらっしゃると思うので、なつかしくても、あまり固いものは避けたいですね。
 

・女子会の手土産に

いつものメンバーでの女子会。
イベントの時にはみんなに少しでもプレゼントを用意したいなと思いますよね。
女子力アップ! とかわいい化粧品などを選んでも良いのですが、化粧品はそれぞれ肌に合うものを使っているはず。ではハンドクリームなどであれば無難と思いきや、意外と香りの好みがあります・・・
私の友人で集まるたびに、ちょこっとなのですが、珍しいお菓子を持ってきてくれる子がいます。よく新発売のデパ地下スイーツ、などとファッション誌に載っているけれども、なかなか買う機会がないようなもので、「これ食べてみたかったんだよね!」とみんなが喜んでいます。
結果、味はハテナ? ということも多いのですが、またそれも「あの時のお菓子はすごかったね・・・」と話題になり、女子会だからこそ持っていけるプレゼントという感じです。

これはNG!なプレゼントとは

基本的に、相手が嫌なものでなければプレゼントしてはいけないというものはないと思いますが、社会人になって気を付けたいことは、「プレゼントをどのように差し上げるか」。
 

・NG!その1「職場の上司だけ違うお土産」

職場へのお土産については先ほど書きましたが、いくら上司であってもあきらかに一人だけ違うものを渡すのはNGです。自分では何気なくお世話になっているのでと渡していても、周りの人が見ると「昇進の際はよろしくお願いします」というような意味のように取られてしまうことも・・・
上司には「こんな場所に行ってきて、とても良い所でした」など、「お土産話」をプラスする方が無難です。
 

・NG!その2「お返しが必要な感じの渡し方」

今はお中元やお歳暮を送ったり受け取ったりという習慣は少なくなりました。
しかしとても親しい友達なのに、〇〇祝い、などしっかりのしを付けて送ると、相手も内祝いなど、お返しが必要なのかな・・・と感じてしまうこともあります。
20代から30代は、自分もそしてお友達も周りの環境が大きく変わる時。
自分にとってはそこまで高額なものをあげたつもりではなくても、お友達にとっては「こんな高価なものをいただいてしまって・・・でも今は同じだけお返しできる余裕がないし・・・」と気を使わせてしまうこともあります。
そう思ってほしくない時は、プレゼントする時に「これ、美味しかったから食べてみて!」とのしなど付けずに手土産のように渡して、中にカードで「〇〇祝い」や「〇〇おめでとう」、などと付けておくのがおすすめです。

 

大切なのは、気持ち!

さて、これまでいろいろなシーンでのプレゼントについて書いてきましたが、やはり一番大切なのは「気持ち」。
今流行っているから、憧れのブランドだからということももちろんもらって嬉しい要素ではありますが、自分のことをいろいろ考えてくれたんだなという気持ちがプレゼントの一番大切な要素だと思います。
お菓子が無難ですよ、と書きましたが、気心知れている親友ならば、これは絶対喜ぶと思う物が見つかればプレゼントしても全く問題はないと思います。
また、遠く離れた家族であれば、送料のことなど気にしてしまうのも申し訳ないので、かわいいカードを送っても♡
プレゼントを一日で決めるということは意外と難しいので、日ごろから、どこかショッピングに行った際には、このお店にはあの人か喜びそうなものがあるな・・・と自分の物だけでなく、お友達などにあげることを考えながら見て回ると良いですね♪

 
▼あなたにおすすめのバレンタイン記事▼
2017年バレンタインに♡可愛い赤のハートネイルのデザイン集!
【2017年版】バレンタインにもオススメデザイン!パステルカラーのマシュマロネイルで指先から可愛く♡

サロン直前予約の Popcorn に登録!
登録して 200 円分のクーポンゲット